root-grov@112.78.125.237:~$
      ono | 思い出コンパクト術PRESS - パート 3             

「 投稿者アーカイブ:ono 」 一覧

遺品を写真に、それは故人の自分史そのもの

ご両親二人を見送ったNさん、ご実家はご両親が仲良く暮らしていた状態のままです。 気持ちの上では、しばらくはそのままにしておきたいけれど、現実を考え、ご実家を手放すことにしたそうです。 そして、遺品を片 …

思い出の「着物」どうする?

思い出深い柄をいつでも目にできる保存法 晴れ着の「着物」。 何年、年十年と袖を通していないままでも、身に纏った時のたくさんの思い出が甦える大切な物です。 例えば、七五三の着物。華やかな衣装に身を包んだ …

住み慣れた家を手放す時に

印象的な一部分を新居でも生かすことができます 長年住み慣れた家も、子どもが巣立ってしまうと、生活スタイルが大きく変わり、晩年はもっと暮らしやすい家に引っ越しを考える人が多いようです。 または親の他界後 …

昔の雛人形、今も飾っていますか?

手軽に後世まで飾ることができる保存法 自分の子どもが生まれ、新しい雛人形を買い、親子2代分を飾るスペースもなく、気が付いたら、 自分の雛人形は何年も飾らず押入れの奥にしまったままという人が多いようです …

趣味で集めたコレクションどうする?

コレクション集を作成し、手元に残す   世の中には自分の好きな物をコレクションする趣味の人がたくさんいます。 切手、骨董、フィギュア、絵画、アイドルグッズ…etc. さまざまな分野のさまざま …